気をつけたいお葬式に関するマナー

一般的なお葬式のマナーに関する豆知識から、少し視点を変えて記憶をたどってみると、多くの方々がその間違いに気付いていない、悪意の見当たらぬ失礼が散見されるのも事実です。いわゆるケアレスミス的な間違いや思い込みから、良かれとの行為や服装が、実はマナー違反となっている事例です。

まずは通夜に駆けつける際の服装ですが、最近では多くの方々が、男性であれば葬儀への参列同様、黒の上下に白いシャツ、黒ネクタイ姿ですが、必ずしもこれでなければならないとの決まりはありません。急逝を耳にして、あるいは翌日の葬儀には参列できない方が、知らせを受けてから大急ぎで駆けつけるのがお通夜です。派手な原色や華美な服装は論外ですが、ダークスーツに地味なネクタイ姿もしくはノーネクタイ、さらに季節によっては地味な私服でも、作法を間違った服装ではありません。ただし無用なアクセサリーなどは外す、カバン類に関しても同様の注意が欠かせません。また黒の靴は問題ありませんが、金色の華美なワンポイントの飾りが輝いているデザイン、黒のポーチが光沢を放ち、無用なキーホルダーが揺れているなども、時折目にする男性の参列者の姿です。

次に女性に関しても、髪型や服装には問題は無くとも、ハンドバッグが布製ではなく光沢を放つ黒のエナメルで、スタイリッシュ過ぎるデザイン、あるいは極端に高い黒のピンヒール姿を目にすることがあります。お葬式に関しては、光沢を放ち輝くアイテムや尖ったデザインのヒールの靴はマナー違反です。またスペアが無い場合は仕方ありませんが、デザインが凝り過ぎた派手な色のフレームのメガネもいただけません。視力矯正が必要な成人であれば、観光葬祭向きの地味なスペアを準備しておかれると良いでしょう。

最後になりましたが、式場で久々に親族との再会を果たし、無意識のうちにお喋りが大声となり、さらには談笑する姿を目にすることもありますが、こちらも論外のマナー違反です。式の間は必要最低限の会話に止め、雑談や旧交をあたためるのは、時と場所を十分考慮の上、節度を守ってください。