お葬式関連で準備しておくべきこと

お葬式の準備を進めるに際しては、必ず押さえておくべきいくつかのポイントが見過ごせません。以下の4つを家族全員でご確認から、可能であればより早い段階から話し合っておかれると良いでしょう。

まずは喪主の決定です。喪主とは遺族の代表を務め、葬儀を進行するに際し、いろいろな場面でとりまとめ役を担う存在です。一般的には、故人の配偶者、次に長男から次男と男性の故人の子、次に長女から次女と故人の女性の子、続いて故人の両親、故人の兄弟姉妹が順番です。

次にこれは早い段階からの準備も可能なアイテムとして、お葬式をとり行う旨を連絡すべき相手先の一覧表が必要です。連絡がつかず参列していただけず、後々トラブルとなるリスクを想定し、慎重に確認しておきましょう。また家族葬の場合、訃報を知らせるだけの相手と、参列の案内をする相手を分けて管理しておくと安心です。また連絡する役割を担う人物も決めておきましょう。

そしてどのような葬儀をとり行うのか、一般葬儀なのか家族葬なのか、その他密葬から社葬などの流れとなるのか、お葬式のスタイルを決定します。次にご足労いただく参列者の人数と、葬儀に充当可能な予算面の確認も欠かせません。更には宗教儀式としてのお葬式をどの程度意識するのか、香典や供花などを受け取るのか辞退するのかなど、葬儀業者が決まっていれば、担当者の助言を仰ぎながら、明確に見定めてください。

そして最後に、故人逝去の時点で葬儀業者が決まっていない場合は、速やかに最終決定しなければなりません。病院での逝去の場合、お亡くなりから僅かな時間内で、遺体を安置所に移さねばならないケースも多く、この時点で動きが取れなくなってはなりません。

以上のご紹介したポイントを踏まえれば、ほとんどすべての部分に関し、より早い段階からの準備が可能です。とりわけ家族葬をご希望の場合、家族葬に対応可能な自社式場を有する葬儀業者を選ぶことで、費用面の軽減その他のメリットが期待できます。家族葬で確かな評判が確認できる候補先をピックアップからの、家族で十分な比較検討作業が望まれます。