突然のお葬式に慌ててしまう理由

お葬式の喪主あるいは家族となるタイミングは、残念ですが時だけでなく場所すら選ばないのが現実です。日頃からこうした不安ばかりに意識を向ける必要こそありませんが、万一に備えて家族として事前になすべきことを正しく理解し、そうした情報を共有しておくことをおすすめします。とりわけご高齢のご家族が中長期的に入院されている場合、あるいは自宅での介護や看病が必要な場合、毎日を乗り切ることだけで精一杯となってしまい、最期の時への準備を見過ごしがちです。

その結果急に体調が悪化し急逝された場合、早急に連絡すべき葬儀業者も決まっておらず、病院が紹介する業者を吟味から選択する時間的余裕もなく、全てを委ねざるを得なくなってしまいます。予算面その他の事情から、元来であれば小規模の家族葬を希望していたにも関わらず、業者側に対応が望めず、結果故人と家族にとっては不釣り合いな一般葬儀から、多くな費用面の負担が生じる展開が懸念されます。

またこうした状況下では、家族各々の意見が揃わず、限られた時間の中、全てが後手後手に回ってしまうリスクが避けられません。葬儀業者はあくまで、故人の家族をプロの立場からサポートする立場であり、業者側が勝手に決定を下し、一連の流れに沿って準備を進めたり指示を出すことはできません。誰が喪主を務め、誰が親族などにお葬式の連絡をするのか、連絡先の一覧が手元に存在するのかなど、逝去から遺体を安置しての通夜までの限られた時間内に、クリアすべき作業が山積しているのがお葬式です。

また喪服や数珠などの必需品が準備できていないケースも、予想外に多く見受けられるパターンです。葬儀業者経由で貸衣装を調達することも可能ですが、やはりドタバタ感が否めず、一般葬儀の場合、そうした舞台裏のドタバタが、弔問客や参列者に露呈してしまうリスクが否めません。冠婚同様葬祭に関しては、家族各々が有事に速やかに身支度を調えられる備えが欠かせません。ぜひ時間的に余裕のあるタイミングで、各々が自身で再確認されることをおすすめします。